ヨモギクキコブフシ

 ヨモギクキコブタマバエによって、ヨモギの茎や葉柄ときに側芽に形成される半球形ないし半楕円体の虫えいで、茎に形成されるものは葉腋に多くみられる。側芽に形成されるものは、茎と直角方向に芽状の組織が叢生し、頂部に葉片状の小突起が多数みられる。直径4〜15mm、高さ3〜10mm、表面は平滑で緑黄色ないし緑色、白色の軟毛が密生し緑白色をおびる。ときに複数の虫えいが隣接して形成され塊状になる。内部に複数の幼虫室があり、それぞれ橙色の幼虫が1匹入っている。成熟すると表面にひび割れを生じて裂開し、成虫が羽化する。

[虫えい形成者]
 ヨモギクキコブタマバエ タマバエ科 Rhopalomyia struma Monzen

[生態]
 年2〜3世代、虫えいは7月に出現しはじめ10月まで続く。7月下旬〜9月下旬に成熟した幼虫は、虫えい内で蛹化し羽化する。第2世代以降は齢構成が重なり、先に形成された虫えいに隣接して、次世代の虫えいが形成される。秋までに蛹化しなかった3齢幼虫は虫えい内で越冬し、翌春蛹化すると思われるが、詳細は不明。

[関連寄主植物] オオヨモギ
[虫えい異名] ヨモギコブフシ、ヨモギイボフシ

寄主 オオヨモギ
虫えい(茎)
虫えい(葉柄)
虫えい(裂開部)
2005.09.06/旭川市

虫えい(側芽 茎)
2013.07.11/羽幌町